ビールは何から作られているの?

【美味しいビールについて書いていきます】

ども!やまたくです!

最近オンライン飲み会をよくやるのですが

その時飲むクラフトビール が美味しくて美味しくて、、、

(コロナ自粛のせいもあるかもしれませんが笑)

ふと、

もっとクラフトビールのことを知って、

もっと美味しく飲めるようになりたい!って思ったんです!

ビールに関してたくさん記事を書いて

僕も学んで、

読んでくれる人もちょろっと学んでビールが好きになる!

そんな感じで賢くっ!美味しくっ!書いて!

みなさんと最高の乾杯を目指していきます!

【ビールは何から作られているの?】

それでは美味いビールライフを一緒に始めましょう!

ところでみなさんはビールといえば原材料は何が思いうかびますか?

麦!!!ってすぐにイメージが出てくると思いますが

あの美味しいビールは主に4つの原材料から成り立っているのです。

この4つさえ掴んでおけば

ばっちしです。

【麦:モルト】

1つ目はみなさんが最初に浮かんだであろう麦。

正式には麦芽(モルト)といい”ばくが”と読みます。

大麦を発芽させて焙燥(:焦がさないように温風などで乾燥させること)したものを使います。大麦は発芽した時にデンプンを糖に変える酵素が活性化します。糖はビールの発酵に欠かせないものなので発芽したところで乾燥させ、成長を止めます。乾燥のやり方によっても味が変わるそうです。

【ホップ】

2つ目はホップ。
つる性の植物でハーブの一種です。

ビール独特の苦味や香りはこのホップから来ていて、
なんと泡をキープする性質も持っています!
ビールを成り立たせる上でとても大事な存在ですね!

【酵母】

いい写真見つかりませんでした笑

3つ目は酵母と言われる微生物くんです!

発酵を行う時に必要で、
酵母が大麦の糖を食べる時にアルコールと二酸化炭素(炭酸ガス)を出します。
そして香りのもととなるエステルという成分もこの時に作られます。

【水】

4つ目に水です!

ビールの90%は水が占めていてビールの種類によって軟水と硬水が使い分けられています。

【その他】

その他にも使われることがある材料があります。
麦、とうもろこし、米、ばれいしょ、こうりゃん、着色料、糖類、でんぷん
これらは日本の酒税法で定められていて副食材と呼ばれています。

その他の物(ハーブ、フルーツ、スパイスなど)が入ると『発泡酒』と呼ばれるものになります。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
ビールの4大原材料はモルト、ホップ、酵母、水です。
名前だけでも覚えちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です